美肌になるには?

*

美肌になるには、どうすればいいの?

トラブルを抱えた肌は、人前に出る機会があったとき、実年齢より老けて見えます。そして、相手から見たらスキンケアもしっかりできないだらしのない人と見られてしまいがちです。しかし、肌トラブルを抱えている人の多くは何もスキンケアをしないでいるわけではありません。スキンケアを行なってもなかなか美肌になれないのです。

美肌というと何となく女性をイメージしますが、肌トラブルに悩んでいるのは女性だけではありません。男性も脂性肌やニキビなどで悩み、色々なスキンケアを行なっている人も少なくありません。

肌に良いと思って行なっていた事が実は肌にダメージを与えていたというケースも多く見られます。そこで美肌になるにはどうしたら良いのか、美肌になるための秘訣を紹介します。


美肌になるために知っておきたい基本

女性が外出する際、ほとんどの人がメイクをします。しかし、メイクは肌に刺激を与え、毛穴を塞いでしまうデメリットもあります。そのため、メイクをして出かけた時は、帰宅したらすぐにクレンジングでメイクをしっかり落としましょう。クレンジング剤も肌に優しい化粧品を使用するのがポイントです。

保湿は入浴後すぐに行ないます。入浴の後は肌内部の水分が蒸発しやすくなっているため、このときにしっかり保湿を行なわなければ肌は乾燥しやすくなります。入浴後すぐに化粧水などでしっかり水分を補給し、保湿クリームなどで水分が蒸発しないようにふたをします。

スキンケアの基本で忘れてはならないのが洗顔方法です。美肌になりたいからといってむやみに石鹸を付けて洗顔していると、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、トラブルの多い肌になってしまいます。

石鹸で洗顔するのは夜や、メイクを落とした後だけにして、朝はぬるま湯で石鹸をつけずに顔を洗い流すだけでいいのです。石鹸を付けて洗うときはゴシゴシこすらず、石鹸を良く泡立てて、指の腹で優しく包み込むようにして洗います。洗顔後顔を拭くときもタオルでゴシゴシ拭くのではなく、優しく抑えるように水分を拭き取ります。

また、肌にとって日焼けは最大の敵といわれています。紫外線から肌を守るために日傘や帽子、手袋、UV対策用のクリームなどを利用して肌を紫外線から守るようにします。

美肌になるためにはスキンケアだけ取ってみても実に色々なことに気を配る必要がありますが、基本を習慣づけてしまえば美肌になる日も近いはずです。

日焼けで出来てしまったシミ、美白におすすめなのがハイドロキノンを配合したクリームです。詳しくはこちら ⇒ ハイドロキノンのクリームは、どれがいい?


美肌になるための肌に優しいクレンジングとは?

美肌になるためには肌に優しいクレンジングが大切です。ほとんどの女性はメイクしますから当然メイクオフのためのクレンジングを使います。

メイク用品は石油からできていますから同じ油分を含んだクレンジングが良いとされていた時期は、クレイジングオイルが流行りました。

しかしクレイジングオイルでは肌の油分まで落としてしまうので乾燥したり、乾燥を補おうとして肌から脂が出て逆に脂性肌になってしまうというデメリットがあります。

ですのでメイククレンジングはクリームタイプや油分を一切含まないタイプのものが肌に優しいクレンジングとなります。

仕事上ウォータープルーフのメイクをしなければならない人は別ですが、マスカラやアイラインやアイブローは擦らず落ちるものを使う方がいいでしょう。特に目の周りは皮膚が薄くデリケートな部分なのでクレンジングで刺激を与えないのが無難です。

次に洗顔です。クレンジング剤によってはダブル洗顔が必要ないものもありますが、すっきりしたい人はどうしても洗いすぎている場合があります。

こちらもクレンジングオイルと同様に肌の油分を落としてしまい乾燥を招いている可能性があります。10代のニキビには脂性肌が多いのでしっかり洗顔することが大事かもしれませんが20代以降は肌の潤いを守る洗顔方法に変えていきましょう。

とにかく肌に余分な刺激を与えないようにすること。洗顔フォームや石鹸はよく泡立てて優しく包むように洗い、十分にすすぎましょう。

すすぎ残しがあると吹き出物の原因になったりします。朝の洗顔は特に気を付けたいですね。眠っている間に肌から老廃物が出てきますがそれと同時に肌に足りない油分が出ています。

この油分を洗い流してしまうともったいないです。本来人間は自分で自分を補おうとしますから自然な油分こそ美肌に欠かせないものになります。一番いいのは洗顔料を使わずに水かぬるま湯だけでさっと洗うことです。

初めは物足りないかもしれませんが続けていくと柔らかい肌になっていくのを感じることでしょう。


美肌を目指す人のための正しい洗顔方法

美肌を目指すなら洗顔にも注意を払うべきです。なぜなら洗顔はどれだけ気をつけても肌へ負担を与えてしまう行為だからです。

そこで美肌になりたい人に正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

まず洗顔料は出来るだけ肌に優しい天然由来、無添加のモノを選ぶことをお勧めします。過剰な洗顔は必要な皮脂まで落としてしまい、皮脂の過剰分泌の原因となるので注意しましょう。

また洗顔料を使用して顔を洗うのは1日1回、夜だけにし朝の洗顔は洗顔料を使用せずに洗うことがポイントです。

まず洗顔の前に手をしっかり洗うことを忘れずに。手に雑菌が付いた状態では肌トラブルに原因となるからです。

また洗顔の際には水、もしくはぬるま湯で素洗いしましょう。朝の洗顔ならこれだけで十分です。肌が乾燥する前に素早く保湿するようにしてください。

洗顔料を使う夜なら、素洗いのあと、洗顔料をきちんと泡立ててから洗うようにしてください。泡立ちが悪い場合は専用のネットを使用するといいでしょう。

そして洗顔後にしっかりと洗い残しがないようにすすぐことが重要です。その後、清潔なタイルで拭いてから出来るだけ早く保湿をするようにしてください。

洗顔は毎日行うことだからこそ、肌への負担が少ない正しい洗顔方法で洗うことが大切なのです。


美肌になるための基本はスキンケアだけじゃない!

58871f7be67839f94166bdf25a0783ef_s

美肌と聞いてまず真っ先に思い浮かべるのはスキンケアです。病気で病院へ行くと症状に対する薬を処方してくれ、薬を飲めば症状が軽くなるのと同じように、美肌になるためにはスキンケアが何より肝心と思ってしまうのです。

しかし、薬は今出ている症状を軽くするために処方されるだけで、病気の原因を根本から治療しなければ病気そのものを治すことはできません。スキンケアにも同じ事がいえます。

いくら美肌になるための基本のスキンケアをしっかり行なっていても、生活習慣や食事が乱れていては、スキンケアの効果も半減してしまいます。

赤ちゃんの肌は何もしなくてももっちりしていてすべすべしています。人間の肌は本来、特別なスキンケアをしなくても美肌になれるような力を持っているのです。その本来の力をより効果的に発揮するための方法にはどんなものがあるのでしょうか。

紫外線が肌にとって大敵なのはご存じですか?

紫外線には主に3種類あります。波長の長い順に紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波とあります。A波とB波は地上に届きますが、C波はオゾン層により地上には届きません。紫外線の波長が長いほど肌に悪影響を及ぼします。

まず、紫外線A波は肌のコラーゲンを破壊し老化を促進させたり、日焼けにより肌が黒くなる原因です。A波は窓からも入ってきますし、シミやシワの原因でもあります。次にB波は肌を赤くさせます。これがいわゆる日焼けです。

ここまでで紫外線が肌に悪影響を及ぼすことは明確です。この紫外線を防ぐために何をすべきかが重要です。

紫外線対策として上げられるものに、日焼け止めがあります。日焼け止めにはSPFとPAというものが表記されています。これは、SPFが紫外線B波を、PAが紫外線A波を防ぎます。

この数値、または+が多ければ紫外線を防ぐ強さ(SPFは時間)もありますが、肌への負担も大きいのです。普段の買い物などずっと外にいるわけでなければ、低い数値のものをこまめに塗り直すほうがいいです。

高い数値のものを使う時は海や山、雪山などの塗り直しがむずかしい屋外レジャーの時には必須ですが、普段使う分にはそこまで高くなくて大丈夫です。

また、日焼け止めだけでは汗などで落ちてしまって何回も塗り直しが必要ですし、地面からの照り返しや目の紫外線対策はできません。

そこで必要となるのが日傘や帽子、サングラスなどです。これらを着用することで日焼け止めのみの場合よりも更に紫外線を防ぐことができます。

これからの時期、紫外線が強くなるので美肌のためにも早めに対策しましょう。


肌本来の力を引き出す!美肌のための体内ケア

人間の肌は実はすごい力を持っています。傷ができればいつの間にか傷が治っているように、肌トラブルが起きても工夫次第でスキンケアに頼らなくても肌トラブルを改善させる力を備えているのです。

その肌の持つすごい力の正体は新陳代謝です。皮膚はターンオーバーというサイクルにしたがって、古くなった表面の皮膚をはがすとともに、内側で新しい肌を作り出しています。この新陳代謝を活性化させることで、スキンケアに頼らなくても十分美肌になる事ができます。

新陳代謝を盛んにするためにはまず、日常の食生活を見直してみましょう。ダイエットや仕事の忙しさなどから栄養のバランスが偏っていたり、肌の材料となる良質なタンパク質やアミノ酸が不足していると、内側で作られる肌も質の悪い肌になってしまいます。そのためバランスの良い食事を心がけ、肌に必要な栄養素をしっかりと取る事が大切です。

また、人間の体は20時から4時にかけてその日の疲れを取り、栄養を吸収して、体内をリセットさせます。しかし、その作業は寝ている時間でないと行なわれません。

そのため夜は遅くても22時には寝るように心がけましょう。大人にしてみれば早い時間と感じるかもしれませんが、早く寝て早起きすることで体内リズムも整い、肌に必要な栄養分をしっかりと吸収し、疲労物資や老廃物を排出させる作業がスムーズになります。

新陳代謝を高めるためには血やリンパの流れを促進させる必要があります。ストレスをためないように、上手に発散できる方法を見つけ、適度な運動やマッサージなどで血流を改善させます。

食生活や生活習慣を見直し、ストレスのない心身ともに健康的な生活を行なうことでスキンケアに頼らなくても美肌になる事ができます。

美肌になるためには十分な睡眠が必要。だけど・・・

美肌になるためには睡眠が大切であることは先にも述べたとおりですし、美肌を目指すあなたなら当然知っていることでしょう。

特に成長ホルモンの分泌が活発になる肌のゴールデンタイム(22時から深夜2時)にはしっかり眠っていたいものです。

ちなみにこのゴールデンタイム。最近は固定の時間ではなく入眠から3時間から4時間後という説が有力になってきています。

だからと言って遅寝遅起きというわけにもいきませんから、早寝早起きという生活のリズムに乗り、肌のターンオーバーを活性化させたいものです。

ただ早寝早起きが体に良いことはわかっていても、ずっと夜型の生活をしている人にはなかなか難しいことですね。

特に眠くないのに寝るというのは、なかなか難しいものです。そこでおすすめなのが、早く寝るのではなく早く起きるから実践してみましょう。

寝るのはむずかしくても起きるのは、何とかできるものです。そして早起きをしたら朝日を浴びてください。朝日を浴びると体内時計がリセットされ朝起きられるようになってきます。

また、早く起きれば当然、夜も早く眠くなるのでそのうち早寝早起きのリズムに体がセットされていくわけです。

このとき眠くても昼寝しないように我慢することもポイントかな。ここで昼寝をしてしまうと夜寝られなくなりますので。

寝つきが悪いならスマホやパソコン、テレビは寝る2時間前までにして部屋は暗めの照明にして眠る準備をしてみてください。

それでも寝付けなかったり眠れてもすっきりしない人は枕など寝具が合っていないことも考えられます。また、悩みやストレスがあるとそのことを考えて眠れなくなります。

そんな人は日中、しっかり体を動かすことを意識してみてください。体が疲れていれば、眠りやすくなるものです。

また、ストレスを感じているなら人と話すことで、ストレスが緩和されやすいです。ストレスについても体を動かすことも緩和に繋がります。

そのほか、自分なりの発散方法を見つけて良質な睡眠がとれるように心がけましょう。


腸内環境の乱れは肌荒れのもと!美肌のために摂りたい食品とは?

肌荒れを起こしてしまう原因というと間違ったスキンケアや睡眠不足が思い浮かびますね。でも、実は腸内環境の乱れも肌荒れの原因なのです。

腸内環境が悪化することで起こるのは便秘や下痢などの排便機能障害だけではありません。そもそも腸というのは食べ物をろ過して毒素を排出する機能があるので、腸内環境が悪化して毒素がうまく排出されないことで肌荒れが起きてしまうのです。

そこで腸内環境を整えて肌荒れを予防するのにオススメの食品をご紹介します。まず善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が含まれたヨーグルトや乳酸菌製品が挙げられます。

また、健康食品として最近注目されている発酵食品も腸内環境を整えてくれます。納豆や味噌、塩こうじなどの発酵食品も積極的に食卓に取り入れるようにしましょう。

さらに、腸内細菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖も腸内環境の改善のために毎日摂りたい栄養素だと言えます。

食物繊維は不溶性食物繊維・水溶性食物繊維の二種類に分けられますが、腸内細菌が分解しやすいのは水溶性食物繊維のほう。水溶性食物繊維の多く含まれるごぼうや納豆、アボカド等を意識的に摂ると良いですよ。


シミや黄ばみの原因となる肌の糖化

肌の糖化は、酸化や加齢と同じく肌が老化する原因の一つと言われています。肌の糖化が進むと、肌が黄ばんで透明感が失われたりシミやシワの原因になったりと様々な悪影響があります。そのため美肌になりたい人にとって肌の糖化は大敵です。

肌の糖化は身体の中で余った糖分がタンパク質と結びついてAGEsという物質を作ることで起こります。AGEsは、皮膚を作るのに欠かせないタンパク質のコラーゲンやエラスチンを糖化させ、肌のくすみやシワなどを引き起こします。

肌の糖化を予防するには、毎日の食生活が大切です。肌の糖化の原因となる糖質や炭水化物を摂りすぎないようにするようにしましょう。しかし、炭水化物は身体のエネルギー源なので、極端に制限してしまうのは良くありません。

炭水化物や糖質の吸収を穏やかにするには、食事の際の食べる順番が大切です。最初に糖化を防ぐ働きのある野菜やキノコ、海藻などを食べ、次に肉や魚などのタンパク質、そして最後に炭水化物を食べるようにすれば、炭水化物の食べ過ぎを防げる他、炭水化物や糖質の吸収も緩やかになります。

また、間食の際には食べる物に気を配るようにしましょう。アーモンドやりんごは、抗糖化作用があるのでおすすめです。

肌の糖化を防いで、透明感のある美しい肌を目指しましょう。


肌断食によって、肌本来の美しさを引き出す

肌断食は、数日間化粧品を肌につけないようにすることで肌に休息を与え、肌本来の力を取り戻す美容法です。

やり方は非常にシンプルで、クレンジングや洗顔でメイクと汚れを落としたら後は何も付けずに放置するだけです。

アトピーや酷い乾燥肌の人にはオススメ出来ませんが、普段、皮脂や肌くすみに悩んでいる人は試してみると良いでしょう。

メイクだけでなく化粧水や美容液などを日常的に使っていると栄養分が過食状態になり、肌の機能が衰えてしまいます。特に毎日パックをしている人は注意が必要です。

美肌になりたいと思ってしていることがマイナスになれば時間もお金も勿体無いです。また、赤ら顔の人や生活習慣に気をつけているにも関わらずニキビが治らない人は、化粧品に含まれている化学物質が原因の可能性もあります。

肌断食は、出来れば生理前・睡眠不足の時などストレスが溜まっている時期は避けた方が良いです。調子の良い時に実践してみましょう。

肌本来に備わった自然治癒力を高めることで楽して美肌が手に入るうえに、美容液やパック代などの浮いたお金は他のことに使える、まさに一石二鳥の美容法です。


美肌作りに役立つ良質なタンパク質を摂取するコツ

丈夫な体を作る上で欠かせないタンパク質は、筋肉を構成するのみならず、肌を構成する重要な成分でもあります。肌に潤いを与える成分として知られるコラーゲンも、タンパク質の一種です。

美しくハリのある肌を目指すためには、良質なタンパク質を食事でしっかり摂取するようにしましょう。動物性タンパク質の摂取できる肉や魚介類、乳製品、植物性タンパク質の摂取できる豆類をバランスよく食べるようにすると、より効率よく肌質アップができます。

一汁三菜を基本とする和定食は、動物性と植物性のタンパク質を美味しく摂取しやすく、美肌作りにおすすめです。豆製品の豆腐と味噌を使う味噌汁に、焼き魚、納豆、青菜と鶏ささ身の和え物という献立なら、しっかり良質のタンパク質を摂取できます。

乳製品を和食に取り入れたい場合には、カッテージチーズに醤油を掛けて小鉢にしたり、豚肉や牛肉の薄切り肉で作る肉巻きにチーズを巻いたりすると、美味しくタンパク質を取り入れられます。


アルコールやニコチン、カフェインが美肌に悪い理由

カフェインやニコチン、アルコールは美肌悪い影響を与える成分です。カフェインは、シミの原因となる、メラニンの移動と拡散をする作用があります。

細胞の老化を早める活性酸素は、ストレスや喫煙によるニコチンの摂取などが原因で増加します。そのため肌にたるみがでたりハリがなくなり、美肌に悪い影響を与えます。

アルコールの過剰摂取は、肝機能を低下させることにより代謝が下がり、ターンオーバーが正常に機能しなくなり、肌の角質の入れ代わりが衰退することで美肌に悪影響を与えます。

また、カフェインは鉄分の吸収を阻害する作用があります。鉄分は貧血の改善に効果的な成分ですが、美肌にも大きな働きをします。

鉄分は老化の原因になる、活性酸素を抑制する成分を促進する働きがあり、抗酸化作用が高まることで美肌への効果が期待できます。

更に、鉄分はコラーゲンの生成に大きな役割があるので、鉄分が充分に摂取できていると肌に潤いやハリを与え、シワやシミなどの改善や予防に繋がります。


理想の美肌を作る生活習慣を身につけよう

美は一日にしてならず、という言葉があるように、理想の美を叶えるためには、毎日の積み重ねが大切です。

スキンケアはもちろんのこと、ひとつひとつの生活習慣が肌に影響を与えるため、まずは毎日の生活を見直すことから美肌作りを始めてみましょう。

栄養バランスの整った食生活をすることは、肌状態を改善する上でとても重要です。外食が多い場合は、シミや色素沈着などの肌トラブルを改善するビタミンC、皮膚の健康を守るビタミンAといったビタミン類が不足しがちです。

なるべく野菜の多いメニューを選んだり、野菜ジュースやスムージーでビタミンを補ったりして、美肌に必要な成分を摂取できるようにして下さい。

睡眠については、十分な睡眠時間を確保することに加えて、睡眠の質を高めて肌をしっかり休ませることを意識しましょう。

就寝前に、ブルーライトを発するパソコンやスマートフォンの画面を見るのを避けて、リラックスして過ごすようにすると、心身が安静状態となり、良質な睡眠を取りやすくなります。

また、適度に体を動かす習慣を付けることでも、身体の巡りを改善して、肌質をアップする効果が期待できます。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は、気軽に挑戦しやすくておすすめです。


水をたくさん飲むだけで得られる肌へのメリット

昔は気にならなかったのに、ある日鏡を見ると肌荒れしている、なんだか化粧のノリが悪い、こんな経験ありませんか?

多くの女性は、美肌になりたいと思い、様々なサプリメントや高価な化粧品を購入し、対策を取ろうとします。さらに高価なものへ、さらなる期待をもつようになる人もいるかと思います。

しかし、美容にそんなにお金をかけられない人も多いはず。その時、私は、体の中から美肌になろうと思いました。

体の中から美肌になるためにやることは、とても簡単なことです。水をたくさん飲む、たったのこれだけです。目安としては一日二リットル(慣れない方は一リットルから)の水を夕方前までに飲むのが適量です。

人間の体は60パーセントが水分で出来ていて、多くの人は汗や尿で水分が失われ、知らず知らずのうちに水分不足になっています。

それにより、血液やリンパの流れは悪くなり、老廃物がたまっていきます。当然、肌に酸素が届きにくくなり、老廃物も体内にとどまったままになるため肌荒れという症状が起こりやすくなります。

水をたくさん飲むことで、血液の流れは良くなり酸素や栄養が肌に届きやすくなります。老廃物も体外に出やすくなり、自然と美肌に近づくのです。


ストレスで肌のバリア機能が低下する?

現代社会では、人間は常に様々なストレスにさらされていると言っても過言ではないですね。

そして、ストレスが溜まって悪化していくと、うつ病などの精神的疾患だけでなく、健康面でも様々な悪影響が出てきてしまいます。

そしてそんな悪影響の中に、実は肌へのダメージというのもあるのです。というのも過剰なストレスにより自立神経の一つである交感神経が刺激されることで、血行が悪くなり肌温度が下がってしまうからです。

肌温度が下がるとどうなるかと言うと、お肌の内部の水分や角質を作り出すはたらきが鈍くなり、その結果、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

肌のバリア機能が低下してしまうと水分は蒸発しやすく、かつ紫外線などの外的ダメージも受けやすくなり、老化が進んでしまうというわけです。

ですから美肌のためにはストレスを溜めないと言うことが大事ですね。

ストレスを溜めないためにも運動などで体を動かすのも良いですし、ゆっくりとお風呂に入って体を温めるとリラックス効果もあり、かつ血流も良くなり肌温度が上がりますのでおすすめですよ。


老化によるシミ、しわ、たるみを防ぐ方法

肌の老化を感じる場所と言えば、口の周りやほうれん線、目の周りなどですが、これらが出来る主な原因は肌の乾燥なのです。

肌が乾燥することで、外部から肌が刺激を受けることになり、それがシミや肌荒れなどを起こす要因となるのです。

これらの改善策としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿性が高い成分を肌に与えることです。

肌の老化防止には、エイジングケア化粧品を利用することをおすすめします。この類の化粧品には保湿力の高い成分が含まれており、乾燥対策として効果が期待できます。

このように保湿性の高いエイジングケア商品を使うことで、肌の乾燥を防ぎ、それが老化防止に繋がっていくというわけです。

また、老化を防ぐにはターンオーバーを促進させる事が重要です。それにより、シミやしわなどの改善や予防をする事ができます。

ビタミンAやビタミンB2、B6は、古い角質を取り除く作用を促すので、皮膚を正常な状態に保つ事ができます。

また、ビタミンEには抗酸化作用の他に、血行促進作用もあるので代謝が上がり、ターンオーバーを促す事もできるのです。