美肌になるには?
美肌になるには? > 美肌のための食事 > 美肌になるには自分の肌質をしっかりチェック!

美肌になるには自分の肌質をしっかりチェック!

女性のみならず男性も肌トラブルで悩む人は非常に多いです。肌が汚いと何となくだらしないように見えたり、実際の年齢より老けて見られることが多く、仕事や外出先で人と合うのも億劫になってしまいがちです。

美肌になるために色々なスキンケアや、ちょっと余裕がある人は皮膚科やエステサロンなどに通う人も多いですが、そこまで金銭的な負担をかけなくても美肌になれる方法はたくさんあります。その中でも日常生活で一番対策を取りやすいのは食事です。

生活習慣を見直す方法もありますが、一度身についてしまった生活習慣はなかなか簡単に変えることはできません。スキンケアを行なってもなかなか効果が見られず悩んでいる人には、食事を改善する方法をお勧めします。

自分の肌質にあった美肌のための食事

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s

食事を改善するに当たっては、バランスの良い食事や肌に必要な栄養素をしっかりと摂る事が基本となりますが、自分の今の肌質に合わせた美肌のための食事に切り替えることでもっと効果が上がります。

乾燥肌の人は肌内部の保水力が衰えたり、水分の蒸発を防ぐための皮脂の分泌力低下が原因と考えられています。そのため、みずみずしさを保つためのタンパク質やコラーゲン、コラーゲンの生成力を高めるための亜鉛やビタミンA、Cなどを積極的に摂取します。

また、肌の新陳代謝を活性化させるために必要なビタミンB2、タンパク質の合成をサポートするために使われるビタミンB6、血行促進やシミを消す働きのあるビタミンEなどもお勧めです。

おでこや鼻は脂っぽいのに他の部分は乾燥しているという混合肌の場合には、皮脂の分泌を抑える働きのあるビタミンCや肌の乾燥を防ぐ効果のあるコラーゲン、亜鉛、ビタミンAなどを積極的に食事に取り入れましょう。

特にアボガドやブロッコリーは、ビタミンCを豊富に含んでいる他、美肌に必要な食物繊維なども含んでいるため美肌作りには欠かせない食材といえます。

肌が油っぽくて困っている脂性肌の人は、脂質の摂りすぎやホルモンバランスが乱れることによって起きやすくなります。脂っこい食事を控え、肌の健康を保つために必要なビタミンA、糖分や脂肪分の代謝を促進させる働きのあるビタミンB6、皮脂の分泌を押さえるビタミンC、新陳代謝を活性化させるビタミンEなどを積極的に取り入れます。

敏感肌の人はスキンケア用品も自分の肌に合ったものを探すのが難しいため、美肌対策が採りにくいといえます。敏感肌は肌のバリア機能が上手くいっていないことが原因で起きる事が多いので肌を保護する働きを持つビタミンA、B6、免疫力を高める効果のあるビタミンDを含む食材を積極的に取り入れましょう。

基本の肌によい食事の他にこのような成分に心がける事で、自分の肌肌質を改善しながら美肌になる事ができます。

同ジャンル・関連ページ

栄養バランスと良く言われるけど・・・